ーー 文化遺産 ーー

Japanese Chinese Taiwan English
French Korean Thai

幻住庵跡

  • image
  • video

幻住庵跡

幻住庵跡

貞享2年(1685)、初めて大津を訪れた松尾芭蕉は、以降、大津の風光をこよなく愛し、多くの門人をもつことになります。幻住庵は、門人の一人・菅沼曲水が叔父の庵を改修し、芭蕉に提供したもので、近津尾(ちかつお)神社境内にありました。そしてこの地で、名文として有名な『幻住庵記』が生まれました――。平成3年に幻住庵の建物が新築、公開されています。

  • 住所:滋賀県大津市国分二丁目5

Map