ーー 文化遺産 ーー

_e('Japanese') _e('Chinese') _e('Taiwan') _e('English') _e('French') _e('Korean')

護法社表門

護法社表門

護法社表門

三井寺境内の境界となる筒井川の橋を渡って、護法社の神域へと至る最初の門である。本来は城郭に用いられた高麗門の形式をとった江戸初期の建築で、江戸中期の享保年間に実施された護法社伽藍の大規模整備の際に現在地に移築された。良質の材を用い、遺構の少ない高麗門の現存例として貴重である。

  • 指定区分:大津市指定有形文化財
  • 住所:滋賀県大津市園城寺町246

Map