Heritage

地蔵堂(南院札所伽藍)

地蔵堂(南院札所伽藍)
  • photo
  • movie

長等神社から観音堂へと登る石段の中程に建つことから「中阪地蔵」と呼ばれている。享保19年(1733)の『近江輿地志略』には「坂の半にあり、地蔵菩薩の像長五尺二寸、定朝作なり」とあり、現在のお堂は、文政2年(1819)の再建で。宝形造、桟瓦葺の簡素な建物ながら正面に虹梁をかけ蟇股をおき、木鼻は獅子の彫刻で飾られている。

指定区分 大津市指定有形文化財
所在地 滋賀県大津市園城寺町246