Heritage

園城寺新羅善神堂

園城寺新羅善神堂
  • photo
  • movie

三井寺の北院伽藍の中心。 14世紀前半に足利尊氏によって再興された三間社、流造(ながれづくり)を代表する社殿建築。外観には目立った装飾を使わず、 簡素で上品な建築となっている。内部には開祖・智証大師ゆかりの新羅明神像(国宝)がまつられている。

指定区分 国宝
構造 正面三間 側面三間 一重 流造 向拝一間 桧皮葺
所在地 滋賀県大津市園城寺町246