ーー 文化遺産 ーー

_e('Japanese') _e('Chinese') _e('Taiwan') _e('English') _e('French') _e('Korean')

芭蕉の句碑

芭蕉の句碑

芭蕉の句碑

芭蕉が詠んだ句「曙はまだむらさきにほととぎす」を芭蕉自らが記した「芭蕉自画賛句」(石山寺所蔵)と同内容の文字を刻む、高さ1.7mの円柱。多宝塔へ続く階段の下にあり、紫式部供養塔と並んで立っています。句碑の背後の銘文から、嘉永2年(1849)に信州の松岡斎梅朗によって建立されたことがわかります。

  • 住所:滋賀県大津市石山寺1-1-1

Map