ーー 文化遺産 ーー

_e('Japanese') _e('Chinese') _e('Taiwan') _e('English') _e('French') _e('Korean')

宝篋印塔

宝篋印塔

宝篋印塔

重要文化財御影堂の前、毘沙門堂の向かって左に位置し、高さ約182cm、基礎から相輪まで完全にそろっており、造立年代は明らかでありませんが、様式からみて南北朝時代の作と思われます。基礎・塔身・笠などの比例は申し分なく、基礎の格狭間(こうざま)、塔身の梵字(ぼんじ)、笠の耳飾り(二つの弧からなる)なども南北朝ころの典型的な特色を示しています。現在、この塔のまわりには、四国八十八か所の砂が埋められており、お砂踏みができるようになっています。

  • 住所:滋賀県大津市石山寺1-1-1

Map