ーー 文化遺産 ーー

_e('Japanese') _e('Chinese') _e('Taiwan') _e('English') _e('French') _e('Korean')

石山寺本堂

石山寺本堂

石山寺本堂

滋賀県最古の木造建造物で、永長元年(1096)に改築された正堂(内陣)と、慶長7年(1602)、淀殿の寄進により改築された礼堂(外陣)を相の間によってつなぐ複合建築です。礼堂は硅灰石の岩盤にせり出しで建つ懸造で、南面しています。
本堂の創建は石山寺草創期までさかのぼり、桁行五丈、梁間二丈であった建物を天平宝字5~6年(761-2)に造東大寺司により七丈×四丈に改築され、その後10世紀後半までに礼堂が建て増しされ、承暦2年(1078)に焼失後、永長元年に再々建されました。慶長期には、豊臣秀頼の母淀殿の寄進によって改築され、現在のような構造形式・規模となりました。

  • 指定区分:国宝
  • 寸法・構造:【正堂】桁行七間 梁間四間 【相の間】桁行一間 梁間七間 【礼堂】懸造 桁行九間 梁間四間 【正堂および礼堂】寄棟造 両棟を相の間の屋根でつなぎ礼堂の屋根を越えて破風をつくる 総檜皮葺
  • 住所:滋賀県大津市石山寺1-1-1

Map