運営について

運営組織紹介

大津市浜大津・石山地区文化遺産活用実行委員会

 

■本会の目的

本会は、豊かな自然と固有の歴史・伝統を育んできた大津市が有する歴史的文化遺産を斬新なアプローチで楽しみ、考え、行動することにより歴史的風土及び風致の創造的保存と活用を計り、地域住民が誇りを持って暮らせるまちづくりに資することを目的に活動するものです。

 

■文化遺産の情報発信

滋賀県内でも自然豊かで歴史建造物が多く残る両寺(石山寺、三井寺)を中心に、石山~浜大津地区に現存する文化遺産の情報を発信します。文化遺産を歩いて回る事でびわ湖の風景や大市内の街並みを多くの人に知ってもらいます。またポータルサイトは多言語対応(日・英・中( 簡体/ 繁体)・韓・仏)であり、国内はもとより海外からの観光客にも対応、世界に大津の魅力を発信します。

 

■大津市浜大津・石山地区文化遺産活用実行委員会

(役員)

会長   鷲尾 遍隆(石山観光協会 会長、大本山石山寺 座主)

副会長  川戸 良幸(浜大津観光協会 会長、琵琶湖汽船株式会社 社長)

会計   福家 英明(総本山園城寺 長吏)

幹事   杉江 進  ( 大津市教育委員会 文化財保護課 課長)

(会員)

石山観光協会 

京阪電気鉄道 

成安造形大学附属近江学研究所

総本山園城寺

大本山石山寺

浜大津観光協会

びわ湖大津観光協会 

琵琶湖汽船

(五十音順)

 

■連絡先

大津市浜大津・石山地区文化遺産活用実行委員会事務局(電話077-522-2238)

 

_e('Japanese') _e('Chinese') _e('Taiwan') _e('English') _e('French') _e('Korean')